照明を変えておしゃれ感を演出!

オシャレな部屋にする方法はいろいろありますが、案外見落とされがちなのは照明です。

床や壁に置いてあるものにはこだわっていても、天井にある照明にまで気がまわらないものですよね。

ですが、じつはそんな脇役みたいな照明は部屋の雰囲気を大きく変えることにつながります。

ここではおしゃれ感をアップさせる照明について見ていきたいと思います。

照明の効果
照明というと、その形やデザインばかりに気を取られてしまいがちなのですが、実は照明には心理的な効果や、室内をその目的別に演出する効果があります。照明を変えて部屋をおしゃれにするためには、まずは照明の効果について知っておく必要があります。

照明の効果はいろいろあります。照明は明るさによって色が違っています。最も明るいのが蛍光灯の青白い光です。青白い光は覚醒作用があるため、集中力をアップさせたり、活動を活性化させます。ですので、これは勉強や仕事をする部屋に最適です。

次に夕日のような色の白熱灯です。これはリラックスさせる効果をもっています。ですので、落ち着きたい寝室やリビングに使うと効果的です。また、オレンジっぽい色が料理を美味しく見せたり、グラスを輝いて見せるためダイニングにもおすすめです。

青色のLDEライトの明かりですが、これは心を鎮める作用があります。これは町中で使うと犯罪防止効果があるという研究結果があるそうです。また、自殺を防ぐ働きもあるとのこと。ですので、ストレスを感じている人は部屋の中を青色の光に変えてみることがおすすめです。

ピンクの色の照明というのも存在します。これは人を和ませたり、幸福感をもたらしてくれるようです。ですので人が集まるリビングや寝室に使うと良さそうです。

照明の効果はいろいろあることはわかりましたね。そんな照明の効果を上手く取り入れることで部屋の雰囲気がかなり変わってきます。ですので、これを参考に部屋にぴったりな照明を探してみてください。

おしゃれな照明いろいろ
照明というと天井にあるものがすぐ頭に思い浮かんできますが、壁に沿わせたり、吊るしてみたり、置いてみたりといろいろな配置の仕方がありますね。

天井にはメインの照明を取り付けて、さらにもう一つどこかに照明を置いてみましょう。例えば、ガーランドタイプの照明を壁に沿わせたり、天井から床まで垂らしてみるのもおすすめです。

ほかにはスタンドタイプのものを置いてみるというのも雰囲気が出て良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です